カリソン・デクスとプロヴァンス特産品の店 ラ ブティック ド プロヴァンス(La boutique de Provence)南フランス、プロヴァンス地方伝統の王室銘菓カリソン・デクスから有機エクストラ・バージン・オリーブオイル、オーガニックプロヴァンスハーブなどプロヴァンスの特産品をお取扱い

平成28年熊本地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます

ラ ブティック ド プロヴァンスへようこそ

カリソン・デクスとプロヴァンス特産品の店『ラ ブティック ド プロヴァンス(La boutique de Provence)』ホームページへようこそ。

当店は、南フランス、プロヴァンス地方伝統の王室銘菓カリソン・デクスから有機エクストラ・バージン・オリーブオイル、オーガニックプロヴァンスハーブなどプロヴァンスの特産品をお取扱い致しております。

またプロヴァンス地方で愛用され続けている、オーガニックラベンダーサッシュや伝統的な柄の刺繍やデザインが施されたランチョンマットやエプロン、ナプキンにミトン、テーブルクロスなどの大変可愛らしい各種雑貨類などをお取扱い致しております。

当店は、WEBショップとなっておりますので、ホームページから直接ご注文頂けます。お気に入りの商品が御座いましたら、お買い物ページにありますショッピングカートよりお買い求め下さい。

当店のお取扱い商品のご案内(お買い物はこちらからどうぞ)

当店は、南フランスはプロヴァンス地方の伝統的なお菓子『カリソン・デクス』や現地のオリーブ農家が丹精込めて栽培したオーガニックオリーブを使用したエクストラバージニアオリーブオイル、サボリ・オレガノ・ティム・ローズマリーが絶妙なバランスで配合されたオーガニックプロヴァンスハーブを現地よりお取り寄せ致しました。また、その他にも南フランスで、長きに渡り愛用され続けている、伝統的な柄や色使いが特徴なテーブルクロスやエプロン、ミトンなどの各種雑貨などを販売いたしております。

商品のご紹介ページへは下記リンクよりお進み頂けます。

当店の商品ご紹介ページはこちら

 

ラ ブティック ド プロヴァンス

パール ド プロヴァンス
ヨーロッパ有機農法認定のオーガニック・エクストラ・バージン・オリーブオイル
 アスコラナ  と  AOCプロヴァンス
ファミリーレイ農園のオーガニック・エクストラ・バージン・オリーブオイル

レオナールパルリ社製カリソン・デクス プロモーション動画のご紹介

南フランス、プロヴァンス地方の老舗レオナールパルリ社製カリソン・デクスのプロモーション動画のご紹介です。下記動画の再生ボタンをクリックして頂く事で、老舗レオナールパルリ社で、一つ一つ大切に作られるカリソン・デクスの様子がご覧頂けます。

レオナール・パルリの最高傑作  カリソン・デクス 20個 (230g)
レオナール・パルリの最高傑作  カリソン・デクス 20個 (230g)
プロヴァンスの伝統   1874年創業レオナールパルリ
プロヴァンスの伝統   1874年創業レオナールパルリ
原料となる地中海の恵み     アーモンド、メロンとオレンジピールのコンフィ
原料となる地中海の恵み     アーモンド、メロンとオレンジピールのコンフィ

農園の努力の結晶:最高級オーガニックEVオリーブオイル:ついに販売開始

        AOC Provence
AOC Provence
アスコラナ・テネラ 
アスコラナ・テネラ 
Mas de Craponne 特選2種
Mas de Craponne 特選2種

有機プロヴァンスハーブ 40g
有機プロヴァンスハーブ 40g

サボリ、オレガノ、タイム、ローズマリーの4種類のハーブをブレンドした、食用オーガニックハーブです。
焼肉、フライド卵,フライドトマト、ピッザなど、いろいろなプロヴァンス料理にご利用いただけます。

渋谷東急Bunkamura B1F

 

収穫祭に出店しています。

ポーラ美術館 ミュージアムショップにて”カリソン・デクス販売中”

神奈川県箱根町にあるポーラ美術館のミュージアムショップにて当店の”カリソン・デクス”をお買い求め頂けます。美術館で素晴らしい芸術品の数々をご堪能頂き、更に当店の”カリソン・デクス”で、味覚もご堪能頂ければ幸いです。

ポーラ美術館の詳細はこちらからご覧頂けます。

ポーラ美術館のご紹介

ポーラ美術館は、2002年に神奈川県箱根町に開館いたしました。ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集したもので、西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、東洋陶磁、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など総数1万点にのぼります。
美術館の建設に際しては、「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに掲げております。箱根の自然と景観に配慮した建物は、高さを地上8mにおさえ、建物の多くを地下に置き、森に溶け込むような形にしています。
また展示室は印象派の作品が美しく鑑賞できるよう、「7月のパリの夕暮れ」を再現した光ファイバーによる照明を採用しています。優れた作品と、美しい緑の自然、そして光に満ち溢れた建築空間が織りなす美の世界をお楽しみください。